サンドバッグの中身は砂ではない

サンドバッグ 道具の雑学

ボクシングなど格闘技の練習に使用されるサンドバッグ。「サンド」という名前がついているので、中身は砂だと思っている人も多いでしょう。ボクシングを題材としたアニメなどでも、主人公のボクサーがサンドバッグを殴るとそれが破れ、中から砂が落ちてくというシーンを見かけることがありますが、あれは正しくはありません。なぜならば、サンドバッグの中には砂は入っていないので、そもそも砂が落ちてくることなどあり得ないのです。

では、何が入っているのでしょうか。

サンドバッグの中身

実際にサンドバッグに入っているのは、フェルトやメリヤス、ナイロン生地、スポンジなどです。それも、ただ適当に詰めているわけではありません。

サンドバッグを作る職人が数人がかりで分担して手作業を行い、部分により記事の素材や形状を変えています。ボクサーに殴られ続けているサンドバッグですが、その使い勝手を計算し緻密なつくりとなっています。

[PR]トレーニング器機ならファイティングロード

名前の由来

中に砂が入っていないのになぜ「サンドバッグ」という名前が付けられたのでしょうか。

サンドバッグの発祥は近代ボクシング発祥の地であるイギリスだと言われています。1920年代にボクシングが日本に伝わってきたとき、サンドバッグも練習道具として紹介されました。

サンドバッグはイギリスなど英語圏の国では「パンチングバッグ」と呼ばれているのですが、当時の日本人がこれを真似して作ろうとしたときに何を中に入れたらよいのかわかりませんでした。そこで、砂を入れて使ってみたのが広まり「サンドバッグ」と呼ばれるようになりました。

ただし、砂を入れたサンドバッグは使い勝手が悪く、すぐに中の砂が底にたまってしまい硬くなってしまいました。また、それが原因でボクサーが拳や手首を痛めることもありました。そのため、中に砂を入れたサンドバッグは次第に使われなくなっていきましたが、名前だけが現在でも残って、このように呼ばれています。

なお、サンドバッグとは別に実際に砂を中に入れた「砂袋」という練習用具もあり、こちらは拳や脛、足の甲を鍛える目的で使用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツの雑学 道具の雑学
この記事をシェアする
おとなの雑学情報局
タイトルとURLをコピーしました